インプラントの仕組みとは

模型

今話題のインプラント治療、これの仕組みを説明していきます。これは根本から抜けてしまったような歯を再生させる手術です。これは貴方の顎の骨に人間の骨組織と癒着する性質を持っているチタン金属でできたボルトを埋め込み、それを根本にして人工歯をブリッジ等一切無しで固定するという治療になります。これをすれば今まで入れ歯や差し歯で面倒な思いをしていた人達の悩みが全て解消されるという事なのです。歯の根本というものは様々な組織によって繋ぎ止められていますから、抜けてしまえばその部分に人工歯を定着させるのは不可能でした。しかしインプラント治療が進化した事によって根本を固定する事が可能になり、人工の歯を定着させられるようになったのです。根本はボルトで、そして口内では歯茎が貴方の歯を支えてくれるのです。しかし歯周病等で歯茎が機能しなくなっている場合、せっかくインプラント治療で人工歯を固定しても口内で支えてくれる部分が欠けているのですぐグラついたり、抜けたり、折れてしまうと様々な問題が発生して定着してくれない=治療できないという事になります。事実、歯周病によって歯が抜けてしまった人が食事をするには入れ歯しかありません。入れ歯をする時でも腐った歯茎をある程度治療しなければ噛む力がありませんから、食べられるものに制限がかかってくる事になります。いつまでも健康で食事がしたい、もっと快適な環境で過ごしたいと思うのであれば必ず歯周病となる前に治療しましょう。